店舗・むじんくんの使い方

知っておきたい!アコムの店舗・むじんくん利用方法

 

ネット申込が主流だけどリアル店舗のほうが安心できる方へ利用方法を説明するよ


店舗持っていったほうが良いもの

本人確認のための身分証明書
  • 運転免許証
  • 個人番号カード
  • 健康保険証

などのいずれか1つ。運転免許証だけでOKですね!

CHECK顔写真がない書類、または書類の住所が現住所と異なる場合

現在の住所が記載された以下のいずれかの書類を用意して下さい。※ただし、確認時に発行日または領収日から6ヵ月以内のものに限ります。

  • 住民票
  • 公共料金の「領収書」(電気、ガス、水道、固定電話、NHKのいずれか1つ)※携帯電話の領収書は不可
  • 納税証明書
借入額がアコムで50万または他社も含め100万を超える場合の書類

収入証明書(源泉徴収票または給与明細書など)が必要です。上記以下の金額であれば収入証明書は不要です。※但し提出を要請される場合もあります

営業時間と店舗数

どちらがお金を借りるタイミングに合うかも考えてみましょう。

店舗形態 営業日 営業時間 店舗数
有人店舗

平日のみ

9:30〜18:00

22店舗

むじんくん

年中無休

8:00〜22:00

1,044店舗

※一部営業時間が異なる場合があります。店舗数は2017年9月現在です

店舗の入口について

発見しやすい店舗とそうでない店舗があるので事前に場所はしっかりチェックしておきましょう!

 

デカデカと「アコム」と書いてある場合もあれば、居酒屋の看板と同じ感じでひっそりと書いてある看板もあります。
アコムの入口

 

入口の様子も建物の形状に合わせて様々です。
アコムの店舗入口

 

また、他社の店舗と並んでいる場合や
アコムの店舗

 

単独の店舗もあります。
アコムの店舗

内部は明るく作られています

照明が多く明るい雰囲気なので夜でも怖くありません!エアコンも完備です。
アコム店舗内部
アコム店舗内部

使い方の動画

アコムの店舗でできること

  • アコムの社員が常駐する店舗になるので借入時にわからないことなどが相談できます
  • 申込方法でわからないことは聞きながら進められます
  • ATMを併設しているのですぐにお金を借りられます
  • もちろん即日融資が可能です

申込時に記載することや提出書類、審査の内容まで他の申込方法とは変わりませんが、借入はもちろんのこと返済方法やサイクルについて相談したりできるのが強みです。

メリット
  • 機械操作による申込みが苦手な方に最適

店舗数は減少傾向にあるのですが、これはむじんくんでも同じ作業ができることとネット申込が普及し、ほとんどの方がそちらへ移行しているためです。

デメリット
  • 営業時間が圧倒的に短い
  • 全国にある店舗数が約20ヶ所ほどしか無い

会話しながらあれこれ決められるのはメリットでもありますが、ある程度借入金額や返済期間が決まっていれば特に利用する必要はありません。

アコムのむじんくんでできること

  • 営業時間が業界最長なので利用できる時間の自由度が高いです
  • 申込方法でわからないことは備付の直通電話でやり取りできます
  • ATMを併設しているのですぐにお金を借りられます
  • もちろん即日融資が可能です

大型のタッチパネルを使って操作するので難しくありません。誰とも会うことがないのでプレッシャーもないですね!

メリット
  • 駅周辺に多くあり、地方では駐車場完備も多い
  • 筆記用具も一通り用意してあります

しかし全国で1,000箇所と行っても都道府県によって設置数の差があります。

デメリット
  • 東京や大阪などは100以上の店舗があるが少ない県は10ちょっとの店舗数なので遠くなる
  • お店の出入りで誰かの合う可能性がある
page top