キャッシングはどれが正解?

キャッシングを金利で比較するときのコツ

キャッシング選びをする際にまず見比べてしまうのが金利です。支払うことになる利息にダイレクトに影響する部分なので、金利をまず調べようとする姿勢は正しいのですが、金利比較には少しコツがあります。ただ単に金利の利率を見比べるのではなく、実質的な利息の負担を考えて金利比較をしましょう。

比較するときは上限金利を見よう

キャッシングの宣伝には金利の利率が表示されています。たいていは4.5%〜18.0%というように幅を持たせて表示してあります。下の利率は下限金利、上の利率は上限金利であり、借りる人の信用力によって金利はこれだけ変化するよ、ということです。

 

このとき注目すべきなのは上限金利のほうです。下限金利は収入がとても高く、安定しているごくわずかな人しか適用されない金利です。多くの人が適用される金利は上限金利のほうであり、比較するならば上限金利を参考にすべきなのです。

利息の負担を減らせるサービスにも注目

表示されている金利以外にも、キャッシングによっては利息を差し引いてくれるサービスを用意しています。アコムなどで実施している一定期間の無利息サービスなどはその例で、初回限定というものもあれば、貯めたポイントを消費して無利息期間を適用してもらえるタイプのものもあります。

 

これらを賢く活用することで、実質的な金利負担を減らすことができるのです。